阪神大賞典(GⅡ)&スプリングS(GⅡ) 予想 

未分類

阪神11R 阪神大賞典 GⅡ(芝3000m)

11番ディープボンド

去年の阪神大賞典を勝っており、天皇賞春と有馬記念で2着になるなど、長距離ではトップレベルの力を持っているだろう。おそらく圧倒的人気で単勝オッズも1倍台だと思うが、ここは本命にせざるおえない。

○9番マカオンドール

父ゴールドシップは阪神大賞典を3連覇しており、この馬も阪神芝3000mの適正は高いと思う。また、前走万葉Sを勝っていることからも、3000mという距離をこなせることは証明されている。さらに、斤量も55㎏とディープボンドよりも2㎏軽いことからも、もし、ディープボンドに勝つとしたら、この馬だと思う。

▲3番シルヴァーソニック

父オルフェーブルは阪神大賞典では勝つことはできていないが、阪神芝3000mの適正はあると思う。また、この馬もステイヤーズSと万葉Sで3着と3000m以上の距離もこなすことができているので、馬券圏内の可能性は高い

△4番トーセンカンビーナ、6番キングオブドラゴン

買い目

馬単 9⇆11(2点 オッズ次第で掛け金を調整)

3連単フォーメーション 9,11→9,11→3,4,6(6点)

中山11R スプリングS GⅡ(芝1800m)

12番アライバル

父ハービンジャーはパワーのある血統で中山コースは合っている。実際に去年の同レースの3着馬のボーデンもハービンジャー産駒である。今回は叩き2走目ということもあり、前走よりも内容が良くなると思うので、好走が期待できる。

○13番オウケンボルト

父フェノーメノはステイゴールド産駒で、スプリングSではステイゴールド系が好走している。外枠に入ることができたので、スタート次第では前の良いポジションは取ることができ、そのまま前残りとなる可能性も高いと思う。

▲7番ディオ

父リオンディーズの産駒は2・3歳戦では好走しており、土曜日のファルコンSでもオタルエバーが3着に来ている。ディオは未勝利戦からの格上挑戦なので、あまり人気にもならず、オッズ的においしいので、穴馬として狙ってみた。

△1番ビーアストニッシド、5番サノラキ、6番ドーブネ

買い目

馬単1頭軸流し 12→1,5,6,7,13(5点)

3連複1頭軸流し 12→1,5,6,7,13(10点)

日曜日の重賞は点数少なめにしていますが、決して自信がないわけではありません(ただ、他に買いたいレースがあっただけです)。ぜひ参考にしてみてください。

また、日曜日の注目レースについても書いていますので、見ていただけると嬉しいです。

ブログの更新はtwitterで発信しますので、宜しければフォローお願いしますhttp://@6pb7goSwnh6lzE3

何か質問やアドバイスなどございましたら、コメントよりお願いします

コメント

タイトルとURLをコピーしました