金鯱賞&フィリーズレビュー 予想 3月13日(日)

未分類

金鯱賞は13頭中6頭が牝馬という珍しいメンバーになりました。しかし、牝馬でも実力のある馬が多く集まっているので、とても楽しみです。また、フィリーズレビューは3歳牝馬の重賞で桜花賞へのトライアルレースであることからも、多くの素質馬がいると思うので、楽しみです。

中京11R 金鯱賞 GⅡ(芝2000m)

10番レイパパレ

ディープインパクト産駒は金鯱賞で好走している馬が多く、2021年の勝ち馬ギベオンや2019年の勝ち馬ダノンプレミアムが当てはまる。レイパパレは近走の成績はいまいちであるが、今回は川田騎手に乗り替わりであることからも、この馬のいい頃の力を発揮させてくれるのではないかと思う。

○3番ジャックドール

去年は10番人気のギベオンが逃げて勝ったように、金鯱賞では逃げ馬の好走が目立つ。今回のメンバーには何頭か逃げ馬がいるが、おそらくこの馬が逃げると思うので、馬券圏内に入る可能性は高いと思う。

▲5番ポタジェ

上記でも述べたように、ディープインパクト産駒は金鯱賞で好走している馬が多くいる。この馬も去年の金鯱賞では3着と好走しているので、今回も十分に期待できる。

△4番ソフトフルート、6番アカイイト

買い目

3連単フォーメーション 3,10→3,4,5,6,10→3,4,5,6,10(24点)

阪神11R フィリーズレビュー GⅡ(芝1400m)

2番ナムラクレア

ファンタジーSでは2着、阪神JFでは5着と3歳牝馬では実力は上位であり、阪神コースの適正も問題ないだろう。また、血統的にも1400mという距離は合っていると思うので、ここは勝ち負けだろう。

○12番スリーパーダ

姉シンハライトは桜花賞2着、オークス1着であり、姉リアヴァティはフェアリーSとチューリップ賞で3着であることからも、この馬の牝系は早い時期から活躍する血統である。また、ミッキーアイル産駒は1400mでも好走しているので、十分に期待できる。

▲5番ラブリネスオーバー

フィリーズレビューでは関東馬は好走していないが、関東馬でこの馬だけ唯一印を打った。母父フジキセキは血統的に1400mでは好走しており、この馬自身も前走は1勝クラスで強い競馬をしている。あまり人気しそうにないので、穴馬として狙うのもありだと思う。

△1番アドヴァイス、4番サブライムアンセム、6番アネゴハダ

買い目

3連複Box 1,2,4,5,6,12(20点)

3連単1頭軸流し 2→1,4,5,6,12(20点)

最近は重賞レースの的中が悪く、少し不安になっています。しかし、土曜日の中山牝馬Sでは15番人気のクリノプレミアムを▲にしているなど、決して予想が全くダメというわけではないと思います。なので、ぜひ参考にしてみてください。

ブログの更新はtwitterで発信しますので、宜しければフォローお願いしますhttp://@6pb7goSwnh6lzE3

何か質問やアドバイスなどございましたら、コメントよりお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました