フィリーズレビュー(GⅡ)の傾向分析

未分類

阪神11R フィリーズレビュー GⅡ(芝1400m)

桜花賞のトライアルレースであり、3着以内の馬には桜花賞の優先出走権が与えられる。馬券に関しては3年連続で3連単は10万越えとなっているので、今年も高配当が期待できるかもしれない。

好走している馬の特徴

前走阪神JFの馬

去年は1・2着馬がこの条件に当てはまり、過去10年では9頭が馬券圏内に入っている。今年もキミワクイーンやナムラクレアがこの条件に該当しているので楽しみである。

好走していない馬の特徴

美浦所属の馬

過去5年で1頭も美浦所属の馬は3着以内に入っていない。このことからも、美浦所属の馬は警戒すべきだろう。

8枠の馬

過去5年で馬券に絡んだの2017年のカラクレナイのみであることから、8枠の馬が不利な傾向にある。しかし、カラクレナイは勝っていることからも、8枠でも人気のある馬の場合は買うのもありだと思う。

注目馬

ナムラクレア

前走は阪神JFであり、好走している馬の特徴に当てはまる。また、この馬は阪神JFでは5着、ファンタジーSでは2着であることからも、能力は十分にあると思う。

警戒馬

キミワクイーン

美浦所属であることから、好走していない馬の特徴に当てはまる。しかし、前走は阪神JFであり、1400mでは2戦2勝であることからも、この馬が好走する可能性はあると思う。

ビジュノワール

この馬も美浦所属であることから、好走していない馬の特徴に当てはまる。前走はフェアリーSで3着と重賞でも好走して、人気になりそうなので、警戒した方がよいだろう。

今回は以上で終わります。フィリーズレビューの最終予想は土曜日に公開しますので、参考にしてみてください。

ブログの更新はtwitterで発信しますので、宜しければフォローお願いします。http://@6pb7goSwnh6lzE3

何か質問やアドバイスなどございましたら、コメントよりお願いします。

※この傾向分析はあくまでも個人で調べたデータをまとめているだけなので、参考程度にご覧くださいまた、傾向分析においては血統に関する要素は除いていますので、ご了承ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました